子育てに役立つ情報と知識

今話題になっているトピックのうち、子育てに役立つものをピックアップして子育て世代に情報発信!

高校入試!英語の長文読解を解くコツを伝授!

高校入試英語で、中学3年生が最も苦手とする長文読解!

何かいいコツはないかと調べてみても、
大半は、長文問題を多く解くことで得る経験が必要なものがほとんど。

でも、直前期にだってできることがあります!

コレを知っているか知らないかで、取れる点数がかなり違ってくるので、
「入試直前期に必見!」の情報を伝授しますよ!

SPONSORED LINK

長文を先に読むべき?問題を先に読むべき?

長文を最初からじっくり読んでいけば時間がなくなります。

でも、問題だけを読んでも解けない問題があります。

そこで!

まず、

問題を先にざっとながめた後、
本文を最初からきちんと読んでいきます。

そして

②本文に問題番号が出てきたとき、
その問題をその場で解きましょう!

そして、

③答えを書いたらまた本文を読み進めましょう!

習っていない単語が出てきたらどうしたらいい?

自分が知らない、わからない単語は、他の受験者も知らないはず!

また、問題を作るほうもそこはわかっていて、普通は問題にはしません。
(そんないじわるな問題はかな~りまれです)

なので!

「こんな単語知らない!知らなくても大丈夫!」

と自信を持ちましょう。
「分からない、知らない」と慌てては、解けるはずの問題が解けなくなります。

登場人物の名前に注意

問題にされやすいのが、

「誰が何をどうした」

ということです。

つまり、「人名」が非常に重要になってくるのです!
人名と、登場人物の関係をつかむために、
人名が出てきたら四角で囲んでおきましょう!

数字に注意

本文に出てくる数字は、1,2,3…の数字のこともあるし、
one, two, threeの英語表記のこともあります。

数字の問題にする場合、のほか、電話番号値段順番のこともあります。

また、ひっかけになっていることも多いので、
数字を見つけたらそれがすぐに答えだと思わないように気を付けましょう!

計算して答えを出す必要があるかもしれません。

本文に数字(英語表記の場合も)が出てきたら、とりあえず丸で囲んでおきましょう!

最後に・・・

単語・連語だけでは長文問題は解けませんが、
よく出る単語や連語を多く知っていると、
本文や問題がとっても読みやすくなります。

直前期には単語帳をいつでもどこでも持ち歩き、
眺めておくと、
入試本番に役立つことでしょう。

特に・・・

長文の場合、副詞形容詞接続詞がカギをにぎることがよくあります。

副詞なら、often(しばしば、よく)、sometimes(時々)、always(いつも)など
形容詞なら、important(大切な)、useful(便利な)、easily(簡単に) など
接続詞なら、while(している間)、when(~の時)if(もし~なら) など

難しい単語ではありませんが、
知らないと長文問題が解けなくなるので、
こういった基本単語もしっかりおさえておきましょう!

試験当日は、上に着る服は厚着をせず、
足元はしっかり温かくしておいた方がいいです。

靴下を重ね履きするか、
女子なら、タイツ+ソックスにするか・・・。

足が温かいと頭がさえてきます。
逆に、体が熱くなるとぼーっとしてきます。

では、あともう少し!
ファイト~!!!!!

 - おすすめ教材, 受験勉強

スポンサードリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

015823
旧暦の月の読み方から始まった音読の驚くべき効果!

12月に入ると「師走」という言葉をよく耳にしますよね。 この「師走」=12月だと …