子育てに役立つ情報と知識

今話題になっているトピックのうち、子育てに役立つものをピックアップして子育て世代に情報発信!

年末の大掃除を3日で簡単に終わらせる計画!

oosouji

年末年始の大掃除は、いつから始めますか?

2週間くらいかけてじっくり?
クリスマスが終わってから?
それとも、そんなヒマないぐらい忙しいでしょうか?

@ニフティの調査によると、
大掃除にかける期間の第1位は「2~3日」だそうです。

ただでさえ忙しい年末。
早めにやった方がいいのは分っていていてもそうはいかない人が多いもの事実。
捻出できる時間内でできることをやるしかない!

ということで、3日間でできる大掃除小掃除についてまとめてみることにしました。

SPONSORED LINK

大掃除はいつから始める?

この3日間のうち最初の2日間は、12月のどこかのお休みの日
(お父さんも含めて家族全員が揃う日)
であれば、連続しなくても大丈夫です。

クリスマス後は、何かと慌ただしいので、
クリスマス前にしておくのがラクです。

最終日だけは、できれば、28日あたりにして

しめ縄を飾ってほしいですね。

★大掃除1日目★

持ち物整理をしましょう。

パパも子どもたちも、各自自分たちの持ち物をチェックです。

「とりあえずおいておこう」
とためてしまったプリント・書類・手紙・DMなどはありませんか?

必要なものかどうか再点検して、
いらないものは年内の資源ごみの日などに出しましょう。

個人情報が含まれるものはシュレッダーにかけるとよいでしょう。

そして、衣類のチェックです。

下着や靴下で古びてしまったものはありませんか。

これは靴下の専門店で聞いた話ですが、
手洗いをして大切にしていない限り、
洗濯機で洗ったものは、どんなに高価な靴下も1シーズン、
もっても2シーズンだそうです。

はき古してしまった靴下はぜひ大掃除のふき掃除に活用しましょう。

そして、お母さんは、新年に向けて新しい靴下や下着を用意してあげてください
気持ちがぴしっとしますよ。

★大掃除2日目 掃き掃除・ふき掃除★

この日は、普段掃除をしていない箇所を中心にきれいにしましょう。
短時間で終わらせるために、
家族総出」でお願いします!

掃き掃除については、
お父さん、力仕事を担当してくださいね。

こどもたちには、掃除機を中心に。

お母さんは総まとめ役です。

それぞれがばらばらの箇所を掃除するのではなく、
みんながコミュニケーションを図りながらやりましょう。

そのために、

お父さん→こども→お母さん

の順序でまわります。

お父さんが家具などを移動させ、
こどもたちがそこから出たほこりやゴミを掃除機ですいとり、
お母さんが、ぞうきんをもって移動させた家具やその付近を拭いていきます。

照明器具もふいた方がいいのですが、
電球は落とすと危ないので、ここは大人で。

照明器具の掃除は、はたきよりも1日目で出てきた古びた靴下を活用します。
(5本指ソックスならなお良し!)

靴下を手にはいて、電球や傘のほこりをなでるようにして拭い取ります。

そして拭き掃除です。

1日目の整理ででてきたいらない衣類(綿のTシャツなどがおすすめ)を切り刻んで、
ぬらしておき、床にばらまいていきます。

それぞれがその布を争奪するかのように奪い合いながら、拭いていきます。

★大掃除3日目 大掃除の儀式★

最終日は、いわゆる本来の大掃除。

もともとは、「神社仏閣のすす払い」であった大掃除。
それが転じて「おお祓い」が「大掃除」になったと言われています。

年神様をお迎えする大切な儀式です。
お子さんにも説明してあげてくださいね。

神様が宿ると言われている箇所にしぼってきれいにしましょう。

●キッチン(かまどの神様)

油汚れは、本当は春・夏がお掃除に適しています。
気温が低いと油汚れは落ちにくいので、無理のない程度にさっと。
整理整頓やほこり払いを中心に…。

●トイレ(かわやの神様)

何年か前にも「トイレの神様」の歌がヒットしましたね。
トイレは日々使う場所なので、毎日掃除する必要があります。

1日のうち時間帯を決めて、
トイレに入るついでに掃除する習慣をつけましょう。

100円ショップなどで売っているスプレー容器に水を入れて、
トイレットペーパーに吹き付けて、タンク周りなどをさっと掃除。

大掃除の最終日には、「ホコリ払い」のため、
窓や四隅のほこりとりをするとよいでしょう。

「トイレをきれいにすると金運にめぐまれる」そうですよ。

●玄関(福の神様)

もっともホコリをきれいにとりたい箇所です。
ここはぜひ最後に掃除して、きれいにシメましょう。

シメたあとは、しめ縄をかざって・・・
これで神様をお迎えする準備があっという間にできました。

さいごに・・・

本当は、年末に入る前の「小春日和」の時期に水仕事の部分を終えてしまっていたら、
この3日間の大掃除はさらにラクになります。

整理とほこりとりだけを年末の3日間ですればいいですから!!

ご縁があって、このサイトを訪れてくださった方、
もしよければ、来年は、小春日和の間にプレスタートしてみてください!

とってもゆったり年を越せること間違いなしです!

 - 12月, 1年間の行事

スポンサードリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ふたご座流星群の「星に願いを・・・」★

12月に見られる流星群といえば・・・ まずふたご座流星群! 三大流星群のうちの1 …

000219
「小春日和」の時期は春?本当の意味は?

毎年季節の変わり目になると、 「夏だというのに涼しいね~」 とか 「冬だというの …

no image
秋のダイエットをさらに最適なものにする方法!

食欲の秋。 しかし、食べ過ぎがコワイ秋・・・。 そんな秋はダイエットに最適だとよ …

osechi
おせちの超簡単レシピ3品!大みそか1日でOK!

年神様をお迎えするためにいただく料理、それがおせち料理です。 年末ぎりぎりまで忙 …

gonta
ゴン太くんとノッポさんを思い出して…

人形劇俳優の井村淳さんが21日に死去されましたね。 ゴン太くんの「中の人」という …

071886
クリスマスカラーの意味と心理的効果

街はすっかりクリスマスモード! クリスマスの色彩がいっそう鮮やかになってきました …

no image
新年には、無形文化遺産に登録された「和食」をおせち料理でお祝いを!

無形文化遺産と聞いて、何を連想するでしょうか。 無形文化遺産は、ユネスコ(国連教 …

074598
あられ・ひょう・みぞれの違いとその漢字

晴れているのに、突然粒状の氷が降ってくると、 「これはなんて言うんだったけ?」 …

no image
小正月は別名「女正月」~年末年始に忙しく働いた女性のために

元旦に新年を迎え、新しい1年のスタートはいかがでしょうか。 正月3が日にごちそう …

106300
鏡開きの由来と意味~いつ?なぜ「開く」?どうやって食べる?

お正月らしい慣習の締めくくりという感がある「鏡開き」 この鏡開きはいつ行われるの …