子育てに役立つ情報と知識

今話題になっているトピックのうち、子育てに役立つものをピックアップして子育て世代に情報発信!

銀杏の中毒ってどんな症状?

11月も半ばに入り、朝晩の気温差が広がってきましたね。
こうなると紅葉シーズンです。
日本各地の随所で紅葉見物を楽しまれた方も多いのではないでしょうか。

紅葉も紅色が鮮やかですが、
銀杏(イチョウ)の黄色も趣があってステキですよね。

銀杏並木で有名なのは、
関東ですと、明治神宮の外苑、
関西ですと、大阪御堂筋の街路樹
でしょうか。

銀杏は、音読みで「ギンナン」、訓読みで「いちょう」です。
木を指すときも実を指すときも「銀杏」と書きますが、
実を指すときだけ、「ギンナン」と読みます。

094430

ちなみに、下に落ちている銀杏の実って、悪臭がしますよね。

それだけじゃなくて、
知らないとちょっとあぶないものでもあるんですよ~!

銀杏の中毒の症状について調べてみました!

SPONSORED LINK

銀杏の中毒症状 <外傷>

銀杏の実は、触ると手指を介して皮膚炎を起こすことがあります。

皮膚の弱い乳幼児だと要注意ですね!
お子さんと散歩するときには、特にお気を付け下さい。

それともうひとつ!
ケガだけじゃなくて、お腹など内傷ももたらすコワイ中毒もあるんです。

銀杏の中毒症状 <内傷>

銀杏は、健康食品としても知られています。

食用の銀杏は、この皮膚炎を起こすもととなる外種皮を取り除いたものです。

ただし、食べ過ぎは禁物!

消化不良、嘔吐などの中毒症状を引き起こします!!!!

「食べ過ぎ」になると言われている個数は、

大人で「30個」
子供で「  個」

よほどはりきって食べない限り、なかなか30個も食べることはないと思いますが、
気を付けたいのが、子供の食べ過ぎとなる「5個」

子供って歯止めが効かなくなったりしますからね。
子供に食べさせる場合に注意が必要ですね。

なお、5歳未満の子供には食べさせない方がよいようです。

おまけ

先日歩きながら、銀杏を眺めていて、気になることがありました。

銀杏の葉の曲線部分が割れているものと割れていないものがあります。
これは何の違いなのでしょう?

…と気になったので調べてみました。

すると興味深いことが分かりました。

扇形の葉の曲線部分が割れているものは、ズボンのような形でオス
割れていないものは、スカートのような形でメスだと言われているようです。
P1010279

銀杏の実がつくのは、メスの木だけです。

ただし、これは俗説であり、植物学的な根拠はありません。

でも、なんだかかわいらしい話ですよね。

銀杏並木を散歩するときのちょっとした話題としていかがでしょうか。

 - 11月, 1年間の行事, 教養

スポンサードリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
赤ちゃん・敏感肌の人は、これなら冬至のゆず湯を楽しめるかもしれません

1年で一番太陽の出ている時間が短くなる冬至には、 体を温めるために、柚子(ゆず) …

no image
ふたご座流星群の「星に願いを・・・」★

12月に見られる流星群といえば・・・ まずふたご座流星群! 三大流星群のうちの1 …

osechi
おせちの超簡単レシピ3品!大みそか1日でOK!

年神様をお迎えするためにいただく料理、それがおせち料理です。 年末ぎりぎりまで忙 …

no image
小学生が七夕の願い事に興味を示さなくなったら・・・

七夕祭りといえば、 笹に飾り付けをしたり、 短冊に願い事を書いたりしますが、 何 …

oosouji
年末の大掃除を3日で簡単に終わらせる計画!

年末年始の大掃除は、いつから始めますか? 2週間くらいかけてじっくり? クリスマ …

093447
大寒はいつ?2017年は何月何日?

大寒、大寒と耳にするようになると、ますます寒く感じますね。 ところで、大寒ってい …

no image
新年には、無形文化遺産に登録された「和食」をおせち料理でお祝いを!

無形文化遺産と聞いて、何を連想するでしょうか。 無形文化遺産は、ユネスコ(国連教 …

nanakusa
七草粥は、実はこんなに薬膳効果の高い健康食です

1月7日には、日本の各地で「七草粥」を食べていると思います。 と思っていましたが …

setsubun
2015年の節分はいつ?今年の恵方はどうやって決まるの?

1月20日に1年で一番寒い大寒の日を迎えたかと思ったら、 2月4日には、なんと「 …

0-56
正月3が日が終わった後食べるといい食べ物は?

お正月3日(3が日)の間は、 おせち料理や御雑煮を 自宅や両親宅、知人宅でいただ …