子育てに役立つ情報と知識

今話題になっているトピックのうち、子育てに役立つものをピックアップして子育て世代に情報発信!

手作りバレンタインチョコ!チョコ+ビスケット?クッキー?

バレンタインデーが近づくと、
スーパーや、デパートの洋菓子売場や専門店では、
美しくデコレーションされ、
キレイにラッピングされたチョコレートが並びます。
各メーカーとも、定番のものや趣向を凝らしたものなど
見ているだけでもワクワクしますね。

また、バレンタインデーにあげるチョコレートは手作りで、
という人も多いのではないでしょうか。

「チョコレートを手作りで」という場合、
主に次のどちらかになるのではと思います。

SPONSORED LINK

手作りチョコ!火を使う?使わない?

①オーブンなどの火を使わないレシピで・・・
板チョコレートなどを溶かして、好みの型に入れて固める
または、ビスケットやクッキーに溶かしたチョコレートでコーティング

②オーブンなどを使用し、チョコレートを使ったレシピで・・・
チョコレートケーキやチョコクッキーなど、
チョコやココアを使用してチョコレートのお菓子を作る

①の場合、火を使わないので危なくなくて簡単なので、
お菓子作り初心者や子ども向きですね。
時間のない人にもおすすめです。
また、もともとのチョコレートが形を変えるだけなので、
味が変わることがなく、失敗する心配がありません。

以前はハート型ぐらいしかなかったと思いますが、
最近では、様々なかわいいチョコ用の型(モールド)があるので、
きっと好みの型が見つかりますよ。

この「型に入れて固める」チョコレートは、
板チョコを細かく刻み、湯せんにかけて溶かし、
型に流し込んで、冷やし固めるというごくシンプルなもの。

もうちょっと手作り感を出したいなら、
市販のビスケットやクッキーを使って、
湯せんにかけて溶かしたチョコレートをはさんだり、
コーティングしたりする、というのはいかがでしょうか。
ボリュームも出ますし、
チョコレートばかりだと重いところが
チョコをアクセントに使うことでお菓子を軽くすることができます。

例えば、こんなレシピ・・・

チョコを使った簡単レシピ

材料:
 板チョコ  適量
 マシュマロ 1個
 ビスケット 2枚
 (またはクッキー)
 カラースプレー 適量

作り方:
1. ビスケットの上にマシュマロを置いてレンジで20秒チン
2. マシュマロが溶けたら、もう1枚のビスケットではさむ
3. マシュマロが固まるまで、板チョコを刻んで湯せんにかける
4. マシュマロをはさんだビスケットを溶かしたチョコにつけて、
固まる前にカラースプレーをぱらぱらっとかける
5. チョコが冷えて固まったらラッピングして出来上がり!

※マシュマロが大きくてはさみにくければ、
横半分にカットするといいですよ。

ビスケットとクッキーの違い?

上のレシピ、子どもの友チョコ作りのために一緒に作ったのですが、
ビスケットだと、ちょっと軽すぎるように思いました。

チョコとのバランスを考えると、バタークッキーの方が合うように思います。

ちなみに、ビスケットとクッキーの違いを知っていますか?

クッキーはビスケットに含まれますが、
見た目が手作り風で、糖類とバターなどの油脂の割合が40%以上のものを
とくにクッキーというようです。

そういえば、ケンタッキー・フライド・チキンでは、
スコーンのようなパンのようなものを「ビスケット」と呼んでいますよね。

アメリカでは、日本でのビスケットもクッキーも「クッキー」と呼ばれています。

一方で、イギリスでは、基本的にすべてビスケットだそうです。

私自身、英語圏の国でどちらも食べたことはありますが、
いろんな国のお菓子が輸出入されているので、
結局クッキー、ビスケットともどちらの名前も使われていたような気がします。

チョコ自体が、油脂が多いものなので、
同じく油脂の多いクッキーとの相性の方がいいのか、
あるいは、ベースはビスケットにして油脂をおさえた方がいい
と思うかは、個人の好みによるでしょう。

レンジでチンしてはさむだけの簡単レシピ!

これで、娘はたっぷり作ってかわいくラッピングしていました!

 - 2月

スポンサードリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

setsubun
2015年の節分はいつ?今年の恵方はどうやって決まるの?

1月20日に1年で一番寒い大寒の日を迎えたかと思ったら、 2月4日には、なんと「 …

025484
バレンタインデーに告白!ラッピングの色で心理作戦!

2月14日はバレンタインデーですね。 現代の女性はめっきり強くなったとはいえ、 …

057428
小学生のバレンタインデー!女子があげたい人・男子がもらいたい人

2月14日のバレンタインデーに、ドキドキワクワクしているのは、 若者や大人ばかり …