子育てに役立つ情報と知識

今話題になっているトピックのうち、子育てに役立つものをピックアップして子育て世代に情報発信!

ノロウィルスは大人も子供も身近な方法で予防できる!

毎日健康で過ごせればこれに勝るものはありませんし、
好んで病気になろうとする人はいないと思いますが、
それでも、思わず、ある病気が流行して、大変な目にあうことも。

そのひとつが、ノロウィルスをはじめとする感染症胃腸炎です。

055341

冬場に流行することの多いこの胃腸炎。
ひどい下痢嘔吐に見舞われるため、
小さな子どもやお年寄りには危険な病気です。

大人だって、完治するまでの長さを考えると絶対に避けたいです。

おどろおどろしい病名がついていますが、
だれでも、意外に身近な方法で予防ができます。

ただし、それを子供にきちんとさせるかどうかがポイントですが、
知っているときっと役立ちますので、
ぜひ最後まで読んでください!!!

SPONSORED LINK

感染症胃腸炎とは?

簡単に説明しますと、
感染症胃腸炎とは、ウイルスや菌などの微生物を原因とする胃腸炎の総称です。
この原因となるウイルスには、
ノロウイルス」、「ロタウイルス」、「サポウイルス」、「アデノウイルス」などがあります。
(それぞれのウィルスの説明はここでは割愛します)

なぜ、冬場に流行するのでしょうか?

「ノロウィルス」が牡蠣(カキ)などの二枚貝の内臓に潜んでおり、
それを生で食べると感染が起きるからということです。

この季節、牡蠣がおいしいですよね。
生ガキを食べることもありますよね。

でも、みんながみんな牡蠣を食べるわけではない、
なのになぜ?と思いますよね。

でも、牡蠣を食べてノロウィルスに感染した人から別に人へ感染するんです。
しかも、冬場は気温が低く、ウィルスの生存時間が伸びてしまうんですね。

また、冬は乾燥しているので、飛沫感染や空気感染も起きやすくなりますから、
これも冬場に流行する理由だと言えます。

感染症胃腸炎の予防策は?

誰にでもできそうなことですが、手洗い、うがいをきちんとすることです。
これが案外できていない人が多いようです。

ちなみにある統計では、トイレに行った後、10%の人達は手洗いをしない、
という結果が出ていました。

うわっ!マジ??

これでは、ウイルスの餌食になってしまいますよね。

恐らく、外出中で手洗いのできない状況だったり、
ひょっとして寒くて手洗いをしていなかったりするのかもしれません。
子どもの場合、保育園や幼稚園では、先生からの指導がありますが、

当然ですが、小学校以上になると、先生は手洗いまでチェックしていません。

感染症胃腸炎の治療はどんなもの?

これらの胃腸炎は、症状のある期間が比較的短く、
特別な治療法がないことから、
病院では、ウイルス検査を行わず、流行状況や症状から「感染性胃腸炎」
と診断されることもあります。
荒れた胃腸を整えて、症状が治まるのを待つしかないのですね。
逆に言うと、待てば治る病気なので、
過度におそれることはないとも言えるのですが…。
整腸剤を処方されますが、
水分の摂取が難しかったり、ぐったりしている場合は
点滴をしてもらいます。
点滴が終わると不思議と元気が出るようです。

家庭でのケアは?

食欲がないときは無理しなくてもいいのですが、
水分補給はしっかりとしましょう。
食欲が出てきてからも、まずは消化の良いものから。

ちなみに、すりおろしリンゴは便を固めてくれますよ。

また、糖分は控えた方がいいです。
水分もお水やお茶にしましょう。
身近に手に入るものでは、お茶はほうじ茶が下痢にはいいようです。

ビワの葉茶(ビワ茶)は、胃腸によく殺菌力もあるのでさらにおすすめです。
買いにいこうにもなかなか見かけないと思いますが、
家族に胃腸の調子の弱い人がいるなら常備するといいですよ。

通販ではこのようなビワ茶が買えます!

感染症の胃腸炎にかかると本当につらいです。

誰にでも簡単にできる「手洗い」で感染が防げるのなら、
それに越したことはありませんよね。

さいごに

長女は、おととし、アデノウィルス(と思われる)に感染しました。
普段病気をしない子なので、
ぐったりとした様子が見ていられませんでした。
小児科を受診したところ、点滴を受けたら、
とってもラクになるよとの看護師さんの言葉に、
大嫌いな注射もがまんして点滴を受けました。

長女は1週間ほど苦しみました。

そして、それ以来、
なんでもかんでもおおざっぱな長女ですが、
手洗いだけは怠りません!

実際に体験して初めて、
手洗いの大切さが身に染みたようです!!!!

あまりに当たり前すぎるかもしれませんが、
これが流行していく原因となっているようです。

 

そういえば、病院では、

「お母さんやお父さんにうつったら大変なので、しっかり予防してください」

と言われました。

大人もしっかり予防しないと、家の中が大変なことになります!

 - 体のこと

スポンサードリンク
 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

018727
夏風邪をひいた子供の高熱が心配!ベストな対策は?

風邪は、一年中どこかで誰かがひいているというくらい ありふれた病気のようですが、 …

074028
子供の頭はどうして汗臭い?対策方法はこんなに簡単!

子供の頭ってどうしてあんなに汗臭いのでしょう?? 我が家の次女の場合、 2歳ぐら …

基本 CMYK
酔い止め薬の子供用のおすすめ!酔ってから飲めるこの薬!

春と秋は、小中学校でバス遠足や林間学校など、 長時間バスに乗る機会が増えますね。 …

065270
新幹線での耳痛を予防するにはコレがいちばん!

飛行機に乗ると、 離着陸時の気圧の上昇のために、 耳がキーンとして耳痛を感じるこ …

022352
春キャベツとキャベツの違いは?どんな栄養があるの?

春に出回る春キャベツ。 他の季節のキャベツと違って、 やわらかくて、みずみずしい …

009686
家でできる底冷え対策ならこの2つ!

冬が深まると、足が冷えて頭がぼーっとしますよね。 そして、 「今日は底冷えするね …

018727
花粉症対策に!薬に頼らなくても即効性のあるものは

くしゅんくしゅん!!! じゅるじゅる~ずるずる・・・ 「あ~、今年もやってきたな …

kensa
心筋梗塞の原因と予防のためのおすすめ検査!

「心筋梗塞」・・・ この病名、真冬に特によく耳にするような気がしませんか。 なぜ …

基本 CMYK
インフルエンザの予防接種なしで自力で予防する方法

インフルエンザの流行時期になると、 予防接種をするべきか、止めた方がいいかという …

プリント
飛行機で耳抜きが出来ない子どものための対策は!

日本では、ゴールデンウィークや夏休みには、 飛行機に乗って、 国内・海外へ旅行や …